サポートプログラム
パートナー死別ピアサポートプログラム
開催中
パートナーを亡くされた方を対象としています。
配偶者、恋人など、入籍の有無、お相手の国籍やお互いの性別に関係なくご参加いただけます。世田谷区外の方もお越しいただけます。

パートナー喪失体験をもつ人どうし、話をしたり聞いたりする中で、自らのグリーフに触れる機会・時間を持ちます。

パートナー喪失体験をしたグリサポせたがやスタッフがファシリテータとして参加します。ファシリテータは参加者が安心して参加できるような場づくりをします。

お子さま連れの方もご参加いただけます。
お子さまには別室で子どもプログラムを行います。

開催日

毎月第2日曜日
午前11時~12時半
2020年1月12日、2月9日、3月8日、4月12日、5月10日、6月14日、7月12日、8月9日、9月13日、10月11日、11月8日、12月13日

お申込み方法

お申込みの際に
お聞きしたい情報
○参加者のお名前・年齢・性別(任意)・アレルギーの有無(有の時は、何にアレルギーがあるか)
○連絡先電話番号・メールアドレス
○死別の内容(どういう原因で亡くされたか)
*お子さま連れの場合はお子さまの情報もお知らせください
お問合せ
お申込み
griefsetagaya@yahoo.co.jp

お申込み締め切りは前日正午となります。
グリサポせたがやからのメール返信をもって申込受付完了となります。返信メールが数日中に届かない場合は、お手数ですが申込メールの再送あるいはお電話でご確認ください。電話 03-6453-4925

詳細

場所
サポコハウス(世田谷区太子堂5-24-20-201)
三軒茶屋駅から徒歩15分<地図
定員
5名
参加費
500円(子どもは無料)
大人のサポートプログラム(19歳以上)
開催中
死別体験をした大人を対象としたプログラムです。
世田谷区外の方もお越しいただけます。

「いつ、だれを、どのように」亡くされたかに関係なくご参加いただけます。
喪失体験をもつ人どうし、話をしたり聞いたりする中で、
自らのグリーフに触れる機会・時間を持ちます。

グリサポせたがやスタッフがファシリテータとして参加します。
ファシリテータは参加者が安心して参加できるような場づくりをします。

開催日

毎月第1日曜日
午前11時~12時半
2020年1月5日、2月2日、3月1日、4月5日、5月3日、6月7日、7月5日、8月2日、9月6日、10月4日、11月1日、12月6日

お申込み方法

お申込みの際に
お聞きしたい情報
○参加者のお名前・年齢・性別(任意)・アレルギーの有無(有の時は、何にアレルギーがあるか)
○連絡先電話番号・メールアドレス
○死別の内容(どなたをどういう原因で亡くされたか)
お問合せ
お申込み
griefsetagaya@yahoo.co.jp

お申込み締め切りは前日正午となります。
グリサポせたがやからのメール返信をもって申込受付完了となります。返信メールが数日中に届かない場合は、お手数ですが申込メールの再送あるいはお電話でご確認ください。電話 03-6453-4925

詳細

場所
サポコハウス(世田谷区太子堂5-24-20-201)
三軒茶屋駅から徒歩15分<地図
定員
5名
参加費
500円
子どものサポートプログラム(3歳~18歳)
開催中
死別体験をした子どもを対象としたプログラムです。
世田谷区外の方もお越しいただけます。

「いつ、だれを、どのように」亡くしたかに関係なく参加できます。
最初と最後に「始まりの時間」と「終わりの時間」があります。それ以外は本を読んだり、おもちゃで遊んだり、絵を描いたり、お友だちと話をしたり、自分の好きなことをする中で、自らのグリーフに触れる機会・時間を持ちます。

グリサポせたがやスタッフがファシリテータとして参加します。
ファシリテータは参加者が安心して参加できるような場づくりをします。

子どもプログラムは参加者の年齢によって2つに分かれています。
保護者は子どもとは別のプログラムに参加します。

開催日

毎月第3土曜日
午前11時~12時半
2020年1月18日、2月15日、3月21日、4月18日、5月16日、6月20日、7月18日、8月15日、9月19日、10月17日、11月21日、12月19日

お申込み方法

対象者
死別体験した子どもと保護者
お申込みの際に
お聞きしたい情報
○参加者のお名前・年齢・性別(任意)・アレルギーの有無(有の時は、何にアレルギーがあるか)
○保護者のお名前・連絡先電話番号・メールアドレス
○死別の内容(どなたをどういう原因で亡くされたか)
お問合せ
お申込み
griefsetagaya@yahoo.co.jp

お申込み締め切りは前日正午となります。
グリサポせたがやからのメール返信をもって申込受付完了となります。返信メールが数日中に届かない場合は、お手数ですが申込メールの再送あるいはお電話でご確認ください。電話 03-6453-4925

詳細

場所
サポコハウス(世田谷区太子堂5-24-20-201)
三軒茶屋駅から徒歩15分<地図
定員
5名
参加費
子どもは無料(保護者は一人500円)
開催履歴
個別相談
個別相談
開催中
グリーフを抱えて誰にも話せないこと、抱えきれない気持ち、
あなたのペースで、あなたの言葉でお話しできる場です。
話されたことは、外に出ることはありません。秘密は守られます。

◆電話相談◆
毎月第1日曜日 午後3時~5時、第3水曜日 午後6時~8時
電話 03-6453-4925

◆対面相談(要予約)◆
○初回:2時間・無料
○2回目以降:1時間半まで・有料

予約ご希望の方は、電話/Fax/メールで、お名前とご連絡先をお知らせください。初回予約日の日程調整をさせていただきます。

Tel:03-6453-4925 Fax:03-6453-4926 Email:griefsetagaya@yahoo.co.jp
常勤スタッフがいないため、留守電にお名前とご連絡先を入れてください。折り返しご連絡いたします。
お問い合わせフォームからご連絡いただくことも可能です。

一部、世田谷区グリーフサポート事業の補助を受けて行っています。
開催履歴
サポコミュカフェ
おひとりでも、複数でもゆったり過ごせる場です。
どなたでもお越しいただけます。
終了しました
ひとりでゆったり、友達と待ち合わせておしゃべり、
読書、お昼寝、キッチンで料理。
和室、洋室、ダイニング、キッチンが分かれていて、
プロジェクタとスクリーンもあるので
映画鑑賞の自主企画や学習会、読書会も開催できます。
スタッフがいるのでお気軽にお声をおかけください。

詳細

開催日時
隔月(偶数月)第3土曜日午後4時~7時
参加費
18歳まで無料
19歳から1人500円
場所
サポコハウス(世田谷区太子堂5-24-20-201)
三軒茶屋駅から徒歩15分<地図
主催
グリーフサポートせたがや
開催履歴
ワークショップ・講演会
2020年1月31日(金)講演会「子どものグリーフに寄りそう~ダギーセンターの取り組みに学ぶ」
開催中
身近な人を亡くした子どものサポートを1982年から行なっている「ダギーセンター」(オレゴン州ポートランド)で、25年にわたりプロジェクト・トレーニングコーディネーターとして子ども支援に関わってこられたJoan Schweizer Hoff(ジョーン・シュバイツァー=ホフ)さん、そして、ダギーセンターのアプローチを取り入れ、阪神淡路大震災で親を亡くした子どもたちのグリーフを支えるレインボーハウスを20年前に設立した「あしなが育英会」で、長年にわたりグリーフサポートを実践してこられた西田正弘さんをお招きし、子どもたちへのグリーフサポートの歴史、意義、今後のありかたをともに考えます。多くのかたのご参加をお待ちしています。

講師

Joan Schweizer Hoff(ジョーン・シュバイツァー=ホフ)さん
ダギーセンター、Coordinator of Program Projects and Training。1992 年ダギーセンターでスタッフとして働きはじめる。その3年後に夫を自死で亡くす。グリーフサポートに加えて、自殺防止や事後対応にも取り組んでいる。
西田 正弘さん
一般財団法人あしなが育英会 心のケア事業部部長。交通遺児育英会およびあしなが育英会に勤務。自死遺児のサポートに取り組み、NPO法人自殺対策支援センターライフリンク立ち上げに関わる。2013年NPO法人子どもグリーフサポートステーション設立、2015年あしなが育英会東北事務所長に就任。東日本大震災後の子どものグリーフサポートを行なう。

詳細

日時
2020年1月31日(金)午後6 時半~ 9 時半(午後6 時開場)
場所
三茶しゃれなあどホール オリオン(世田谷区太子堂2-16-7 5階)東急田園都市線「三軒茶屋」駅から徒歩1分
定員
200 名(要事前申込)*飛び込み参加可能
参加費
1,000 円(介助者無料・日英逐次通訳つき、情報保障が必要な方はご連絡ください)
お申し込み・お問い合わせ
お申込み方法は2つあります。
1.こくちーずサイトから

2.メール:griefsetagaya@yahoo.co.jp
氏名(ふりがな)とメールアドレスを明記し、タイトルを「Joanさん講演会」としてメールでお申込みください。メールお申込みの場合は、メール返信をもって申込受付完了となります。返信メールが数日中に届かない場合は、お手数ですが申込メールの再送をお願いします。
共催
NPO 法人子どもグリーフサポートステーション、一般社団法人グリーフサポートせたがや
後援
世田谷区
協力
協力(募集・集約中):(順不同・2020年1月19日現在)
あしなが育英会、認定NPO法人 国際子ども権利センター(シーライツ)、悲嘆学研究所、NPO法人Hope Tree、認定NPO法人プレーパークせたがや、NPO法人コミュニティ・ネットワーク・ウェーブ、せたがや子ども食堂・みっと、NPO法人SAHS - せたがやオルタナティブハウジングサポート、デートDV防止せたがやネットワーク、世田谷ポートランド都市文化交流協会、NPO法人こども劇場せたがや、グリーフサポートSaChi、グリーフリボンはこだて、NPO法人ReLink、グリーフサポートこだいら、暮らしのグリーフサポートみなと、NPO法人 とうかつ生と死を考える会、一般社団法人エッグツリーハウス、グリーフサポートステーション サンザシの家、NPO法人 全国自死遺族総合支援センター〈グリーフサポートリンク〉、一般社団法人 下町グリーフサポート響和国、グリーフパートナー 歩み、グリーフケアスペース川崎「たね」、一般社団法人リヴオン、ミシュカの森、NPO法人レジリエンス、カウンセリングスペース「リヴ」、NPO法人しぶたね、NPO法人 こどものちから きょうだい支援、子ども食堂「れんじゃーキッチンむ~しん」、NPO法人 患者中心の医療を共に考え共に実践する協議会、一般社団法人サードパス ~医療“学び場”創造機構~、一般財団法人 エコロジカル・デモクラシー財団、NPO法人AIMS、NPO法人こどもグリーフサポートふくおか、NPO法人キープ・ママ・スマイリング、グリサポとやま、フェアトレードガーデン世田谷、フェアトレードタウン世田谷推進委員会、グリーフサポートよこはま、グリーフサポート埼玉、せたがやチャイルドライン
◎協力団体募集中です。講演会の実現にむけてぜひご協力ください。
お問い合わせはグリーフサポートせたがやまで
E-mail:griefsetagaya@yahoo.co.jp
開催履歴
ファシリテータ養成講座
第15回ファシリテータ養成講座
終了しました
ボランティア・ファシリテータの役割は安心・安全な場所を参加者とともに作ることです。グリーフサポートせたがやのボランティア・ファシリテータ養成講座では、グリーフ(喪失体験に起因する様々な感情的・身体的反応)を抱えた子どものサポートをするために必要な考え方やスキルについて学びます。また、ご自身の価値観やグリーフと向き合い、自分と他者を尊重し、参加者の力を信頼して委ねることを実践的に体験する機会です。多くの方のご参加をお待ちしています。

» ファシリテータFAQを見る

詳細

日時
2020年5月17日(日)、23日(土)、30日(土)
午前10時~午後5時(正午~1時はランチ休憩)、午前9時45分までに集合ください。
場所
サポコハウス(世田谷区太子堂5-24-20-201)
三軒茶屋駅から徒歩15分<地図
参加費
25,000円(学生は15,000円)(ランチつき)+テキスト代
『哀しみに寄りそい ともに生きる』1,000円
『わたしも大事 あなたも大事』1,000円
『わたしの気持ちとあなたの気持ち』1,000円
『子どものグリーフとトラウマに寄りそう~ハワイの経験に学ぶ』1,000円
『“いま”を生きる グリーフとともに』1,000円
『グリーフとわたしのなかの生きるちから』1,000円
『子どものグリーフを支えるワークブック』1,800円
テキストは当日販売します。
対象者
グリーフサポートせたがやの活動に関心があり、毎月開催する子どもサポートプログラムに関われる方
(学習目的の参加の方は参加費30,000円)
講師
西田正弘さん(あしなが育英会東北事務所長)
グリーフサポートせたがやメンバー
申込方法
メールでお問い合わせください(griefsetagaya@yahoo.co.jp)。
申込用紙などをお送りします。
申込締切
定員(10名)に達した時点で締め切ります。
主催
グリーフサポートせたがや
開催履歴
出版関連
講演録「グリーフとわたしのなかの生きるちから~さまざまな道をともに歩む~」
開催中
2018年7月から2018年11月まで3回にわたって開催した、グリーフサポートせたがやの連続講座「グリーフとわたしのなかの生きるちから~さまざまな道をともに歩む」の講演録です。2018年6月に行なった『“いま”を生きる グリーフとともに』講演録 発行記念講演会の尾角光美さん(一般社団法人リヴオン代表)のお話も収録されています。たくさんの方に届くことを願っています。

1,000円(+送料)
新書判・本文 235頁
発行 一般社団法人グリーフサポートせたがや
ご注文は griefsetagaya@yahoo.co.jp、FAX:03-6453-4926まで。

<内容>

第1回 あいまいな喪失とトラウマからの回復
石井 千賀子さん

第2回 子どものグリーフと遊びのちから
小嶋 リベカさん

第3回 グリーフサポートとアートのちから
倉石 聡子さん

特別収録
グリーフを社会全体で支えるために大切なこと
~イギリスで見えた情景より~
尾角 光美さん
講演録「“いま”を生きる グリーフとともに~喪失体験は過去形、哀しみは現在進行形~」
開催中
2017年5月から11月まで3回にわたって開催した、グリーフサポートせたがやの連続講座「“いま”を生きる グリーフとともに~喪失体験は過去形、哀しみは現在進行形~」の講演録です。2017年7月に行なった『わたしの気持ちとあなたの気持ち~エモーショナルリテラシーと自尊心を考える~』講演録発行記念講演会の近藤卓さん(日本いのちの教育学会会長)のお話も収録されています。たくさんの方に届くことを願っています。

1,000円(+送料)
新書判・本文 197頁
発行 一般社団法人グリーフサポートせたがや
ご注文は griefsetagaya@yahoo.co.jp、FAX:03-6453-4926まで。

<内容>

第1回 哀しみに寄りそい ともに生きる~地域におけるグリーフサポートとは?
入江 杏さん(ミシュカの森主宰、上智大学グリーフケア研究所非常勤講師)
西田 正弘さん(あしなが育英会 東北事務所長)

第2回 死別による喪失体験とグリーフ
加治 陽子さん(グリーフサポートせたがやメンバー) 
ケンタロウさん(「LGBT・いぞくの会」を行なうドント・ウォーリー代表) 
森 美加さん(暮らしのグリーフサポートみなと代表)

第3回 さまざまな喪失体験とグリーフ
鹿目 久美さん(「母ちゃんず」メンバー、福島からの自主避難者) 
山本 潤さん(SANE 性暴力被害者支援看護師) 
新澤 克憲さん(就労継続支援B型事業所「ハーモニー」施設長)

特別収録
『わたしの気持ちとあなたの気持ち~エモーショナルリテラシーと自尊心を考える~』講演録
発行記念講演会&ミニライブ
近藤 卓さん(日本いのちの教育学会・会長、日本学校メンタルヘルス学会・理事)
講演録「わたしの気持ちとあなたの気持ち」
開催中
連続講座「わたしの気持ちとあなたの気持ち」の記録が本になりました!

グリーフは一人ひとり違うだけでなく、一人のなかで様々な感情がわきおこります。この講座を通して「気持ち」を大切に扱うことの意義を考えたいと思い、今回の連続講座は「気持ち」に焦点をあて、多様な専門分野で活動されている講師の方々をお招きし、それぞれの「現場」の経験からお話ししていただきました。
 2016年3月に行った「わたしも大事 あなたも大事」講演録の発行記念イベント、袰岩奈々さん(Kids Hurt Too Hawaii理事)さんと保坂展人さん(世田谷区長)の対談も収録されています。たくさんの方に届くことを願っています。

1,000円(+送料)
新書判・本文 227頁
発行 一般社団法人グリーフサポートせたがや
ご注文はgriefsetagaya@yahoo.co.jpまで。

<内容>

第1回 「基本的自尊心と共有体験」 
近藤 卓さん

第2回 「子どもたちが主人公の活動支援」
甲斐田 万智子さん

第3回 「ひとりじゃないよ~怒りは願いの裏返し~」
副島 賢和さん

第4回 「希望の回復」
坂上 香さん

【特別収録】
連続講座「わたしも大事 あなたも大事」講演録 発行記念対談
袰岩奈々さん&保坂展人さん
講演録『子どものグリーフとトラウマに寄りそう~ハワイの経験に学ぶ』
開催中
『子どものグリーフとトラウマに寄りそう~ハワイの経験に学ぶ~』は、ハワイにある「Kids Hurt Too Hawaii」で、死別喪失だけでなく、暴力家庭や養護施設で育った子どもたちや、服役中の親を持つ子どもたちの支援活動を行なっている、伊藤ヒロさんとシンシア・ホワイトさんの講演録です。シンシア・ホワイトさんの講演は英語と日本語訳を収録。

1,000円(+送料)
新書判・本文 221頁
発行 一般社団法人グリーフサポートせたがや
ご注文はgriefsetagaya@yahoo.co.jpまで。
DVD『教育現場におけるグリーフサポート~死別体験にどう向き合うか~』
開催中
2016年7月23日完成!
『教育現場におけるグリーフサポート~死別体験にどう向き合うか~』
制作:ダギーセンター
アメリカ/2013/29分/英語/日本語字幕
日本語版DVD 制作・販売:グリーフサポートせたがや
3,000 円(+送料)
<予告編はここをクリック>

死別を体験した子どもたちをどのようにサポートすればいいのでしょうか。『教育現場におけるグリーフサポート~死別体験にどう向き合うか~』は、教育現場においてグリーフがどのような形で現れ、どのようなサポートができるのか、3つの学校の実例をもとにさまざまな可能性を示してくれます。DVDをご購入いただければ、勉強会・授業・研修・上映会で自由に上映できます。

ご注文はgriefsetagaya@yahoo.co.jpまで。
講演録「わたしも大事 あなたも大事」
終了しました
連続講座「わたしも大事 あなたも大事」の記録が本になりました!

多様な専門分野で活動されている講師の方々をお招きして、それぞれの視点から「わたしも大事 あなたも大事」というテーマについてお話しいただきました。
 2014年10月に行われた「サポコハウス」オープン記念イベントの入江杏さんと保坂展人さんの対談および『あいまいな喪失とトラウマからの回復』出版を記念した石井千賀子さんの講演も収録されています。たくさんの方に届くことを願っています。

1,000円(+送料)
新書判・本文 272頁
発行 一般社団法人グリーフサポートせたがや
視覚情報を得づらい方用にテキストファイルもあります。
ご注文はgriefsetagaya@yahoo.co.jpまで。

<内容>

第1回 「わたしも大事 あなたも大事」にできるコミュニケーションとは?
袰岩 奈々さん(Kids Hurt Too Hawaii 理事)

第2回 再会への序論―止まった時間を動かす
熊谷 晋一郎さん(小児科医、東大先端科学技術研究センター特任講師)

第3回 多様なセクシュアリティを生きるということ~生きづらさの根底にある構造と私たちの視線~
山下 梓さん(岩手レインボー・ネットワーク代表、ゲイジャパンニュース共同代表)

第4回 自殺の心理、遺族の心理
張 賢徳さん(帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科教授)

【特別収録】
1.「サポコハウス」オープン記念対談 入江杏さん&保坂展人さん
2.『あいまいな喪失とトラウマからの回復』 監訳者石井千賀子さんの出版記念講演
講演録「哀しみに寄りそい、ともに生きる」
開催中
連続講座「哀しみに寄りそい、ともに生きる」の記録が本になりました!

大切な人を突然失った哀しみやその後の不安。あるいは暴力を生き延びる日々。そして、哀しみに寄りそい、ともに生きる社会を創造する活動の実践など、多くの想いが詰まったこの本が、読む人の心に届くことを願っています。

1,000円(+送料)
新書判・本文 272頁
発行 一般社団法人グリーフサポートせたがや
視覚情報を得づらい方用にテキストファイルもあります。
ご注文はgriefsetagaya@yahoo.co.jpまで。
» 注文書のダウンロード

<内容>

はじめに

第1回「悲しみを生きる力に」   
入江杏さん(ミシュカの森)

第2回「死別を体験した子どもによりそう~沈黙と『あのね』の間で」
西田正弘さん(NPO法人 子どもグリーフサポートステーション)

第3回「性暴力 その後を生きる」
中島幸子さん(NPO法人 レジリエンス)

第4回「『さよなら』のない別れ 別れのない『さよなら』」
石井千賀子さん(ルーテル学院大学、東京女子大学大学院)

第5回「『誰も自殺に追い込まれることのない社会』を目指して」
清水康之さん(NPO法人 ライフリンク)

第6回「喪失を贈り物に変える」
水野治太郎さん(麗澤大学名誉教授、NPO法人 千葉県とうかつ「生と死を考える会」

あとがきにかえて
開催履歴